全日本農商工連携推進協議会

農業応援隊

Facebook

セミナー講師紹介

農林漁業、農商工連携、6次産業化、新規就農、流通、マーケティング
セミナー主催者の皆様へ 全日本農商工連携推進協議会では、講師を派遣しています

セミナーや勉強会を開催したいが、最適な講師がいない…などお困りの方はぜひご相談ください。
当協議会のメンバー及びサポーター企業など、各分野のエキスパートを派遣いたします。

【講 師】都築冨士男(元ローソン・ジャパン代表取締役)

【テーマ】農業、食糧、流通事情とこれからの企業経営

スーパーマーケット ダイエー新卒二期生として入社し、主に食料品の仕入れに従事。その後、コンビニエンス・ストア・ローソンの専務取締役を経て代表取締役社長に就任。倒産寸前のローソンを再建し、全国展開の日本を代表するコンビニエンス・チェーンに急成長させる。その後、上場会社の社長を経て独立。現在、「都築経営研究所」の代表として、コンサルティング、企業顧問、講演などを中心に活動中。
「全日本農商工連携推進協議会」の会長として、また,内閣官房の「地域活性化伝道師」として、淘汰されつつある中小企業と崩壊の危機にある農業・農村の活性化の支援を行なう。コンサルタントの立場から農産物の広域流通を構築している経験から、これからの農業経営のあり方について語ります。

プロフィールダウンロード(PDF)

【講 師】古庄 浩

【テーマ】
 1:地域活性化と料理の食材
 2:中心市街地商業活性化と飲食
 3:地元産品と料理

1972年辻学園日本調理師専門学校卒業。ホテルプラザのレストラン勤務、モロッコ大使館料理長など海外を含め料理修行。
大阪マルビル第一ホテルの料理長、レストラン料理長、上席料理長を歴任。東京第一ホテル鶴岡の執行役員・総料理長就任をきっかけに山形県庄内地方の『地産地消』活動推進委員となり、地域の生産者と現場を調査。『地産地消サポータ交流会』や『地産地消うんまい!ネットワーク交流会』を主催。鶴岡市『新商品開発プロジェクト・リーダー』に任命され地域食材のレシピ作成。04年山形県『庄内・食の親善大使』に知事より任命、地産地消の推進を行うとともに食材の発掘と大阪圏との流通促進を行う。1994年にはフジテレビ「料理の鉄人」に出演し道場六三郎氏と対戦。推薦者は野村監督。テレビ大阪「満点しあわせテレビ」レギュラー等、テレビ出演多数。辻クッキングスクール講師、地域の食文化についての講演多数。

プロフィールダウンロード(PDF)

講師派遣に関するお問い合せ